口コミによる導入多数!コピー機、プリンタをレンタルするならこの会社!

あなたの会社、まだコピー機をレンタルしていないんですか?

「ムダが多すぎる!」 「経費がかかりすぎる!」あなたの会社、このようなことでお悩みではありませんか? ひょっとするとそれは、プリンターやコピー機に原因があるのかもしれませんよ。

実は何を隠そう、かつて私の会社も膨大な費用のムダを抱えており、財政状況がひっ迫しておりました。これの原因はいったい何かと本腰を入れて調べてみたところ、なんと社内にあるコピー機やプリンターによって月10万以上ものムダなお金が発生していることが判明したのです。

これはいかんと対策を検討してみたところ、どうやら今あるコピー機やプリンターをレンタルやリースのものに置き換えるのがよいということを知り、さっそく業者をリサーチ。その結果、とあるレンタル会社と契約を結び、ムダな経費の大幅削減に成功したのです。

このサイトでは、私がプリンターコピー機レンタル会社を探す上で集めた情報を元に、個人的に優れていると感じた業者をランキング形式でまとめています。レンタル業者といえど世の中に一社だけしかないわけではありません。業者ごとによってそれぞれ異なるサービスを展開していたり、金額が大幅に違ったりするのです。

このサイトが、みなさまの会社の経費削減の手助けになれば、うれしく思います。

コピー機レンタル業者ランキング!

  1. No.1ウルトラプリント

    数十ものプリンターコピー機レンタル会社をリサーチした私。魅力的な価格帯やユニークなサービスを提供する会社がその中には多数ありましたが、最終的に私がセレクトしたのは、東京都港区にある「ウルトラプリント」です。正にナンバーワンに相応しいサービス内容。圧倒的ユーザー目線。事実、…

  2. No.2スリホ

    商品ラインナップと品質の高さで刷り放題「スリホ」

    対応
    費用
    無料お試し期間
    契約期間

    契約中なら故障や劣化品を無料交換してくれますスリホが特に力を入れているのが、契約中に発生するであろうさまざまなトラブルについて。技術の向上によっていくらかは壊れにくくなったとは言え、プリンタやコピー機のような機械はいつ調子が悪くなってしまうかわかりません。昨日までちゃんと動い…

  3. No.3プリント放題

    レンタルを行うにあたって第一目標となるのは、やはり総合的なコストをいかに安くできるのかということ。「なによりもまず、お得なサービスを使いたい!」というのであれば、株式会社サップの提供するサービス「プリント放題」がよいかもしれませんね。プリント放題が優れているのはそのコスト…

  4. No.4インクフリー

    コピー機の質ならお任せ!「インクフリー」

  5. No.5プリントフリー

    ユーザーの声をしっかり聞く誠実さが評判「プリントフリー」


なぜプリンターが経費のムダになるの?

この記事をご覧になられている方の中には、なぜレンタルプリンターやコピー機のリースを利用する必要があるのか、ピンときていない方がひょっとしたらおられるかもしれません。ですが、会社運営において、これは非常に重要な問題なのです。

プリンターやコピー機そのものは、安くはないにしろそこまで高い買い物ではありません。会社法人であれば、導入自体はなんなく可能でしょう。しかし、それを稼働させてからの維持費、すなわちランニングコストが厄介なのです。

プリンターを使うには、インクがなければなりません。しかし、このインクが非常に高価でありながら、多いときは月に複数回交換する必要が生じてきます。加えて、印刷用紙も問題です。オフィス運営にあたってコピーというのは絶対に避けられない問題ですから、程度の差はあれどどうしても紙は大量消費せざるを得ません。これらの要因によって月数万~10万レベルの経費が毎月発生し、数年で機器そのものの購入費をゆうに超えてしまうほどのコストが発生し、会社運営を圧迫するのです。

だからこそ、レンタルプリンターやコピー機リースを導入すべきです。レンタルサービスであれば、プランによって定められているインクや印刷用紙のコストを肩代わりしてくれます。これによって、コストを万単位で抑えることが可能なのです。

コピー機のレンタルやリースをする上でおすすめの業者とは?

コピー機やプリンターをレンタルやリースにすることにより、それまでかかっていた無駄な経費の大幅削減を実現することができます。

ただ、そんなリース価格も、どの業者からリースするかによって大きく変わってきます。リースの方法は大きく分けて2種類あります。「大手メーカーからリースする」方法と、本サイトでも紹介している「販売代理店からリースする」方法です。

まず、「大手メーカーからリースする」方法。こちらの特徴としては、高コストですが、印刷品質も高い点が挙げられます。大手メーカーからのプリンターリースは、販売代理店と比べてランニングコストが割高になりがちです。その代わり、リースできるコピー機の種類が豊富で、かつ高品質な印刷物ができます。料金の相場としては月額10,000円~20,000円と幅があります。

次に、「販売代理店からリースをする」方法。こちらは本サイトでも紹介しているような業者さんのことを指しますが、特徴としては、コストを抑えることにより、価格と印刷品質のバランスが取れているという点が挙げられます。大手メーカーから直接リース、レンタルした場合と比べると、販売代理店の方がランニングコストを抑えることができます。 印刷品質を重視しながらもリース価格も抑えたい場合におすすめの契約方法です。こちらの場合、月額料金は12,000円~15,000円程度が相場となっており幅が少なく分かりやすいです。

もちろん、会社ごとに方針が異なりますので、それぞれの会社に合った契約方法を選ぶのがいいとは思いますが、印刷品質にそこまでこだわらなくていいのであれば、コストを抑えられる販売代理店をおすすめします。

そんな中でも、本サイトで1位として紹介しているウルトラプリントは、コスト面はもちろん、後述するようなユーザーサポートの面も優れているので特におすすめの業者です。

レンタルしていたプリンターが壊れた!どうなる!?

コピー機やプリンターをレンタルして毎日使っていると、時おりトラブルに遭遇してしまうことがあります。たとえば、紙詰まりを起こしてしまったり、急に動かなくなってしまったりなどです。

このような場合はまず業者に連絡をすべきですが、ここから先が大きく変わってきます。ほとんどの業者は会社へと訪問してくれますが、一部の業者の場合はこちらからプリンターを郵送しなければなりません。また、訪問修理に訪れてくれる場合であっても、その対応が定額料金に入っているか、あるいは別途出張料金が必要かが業者によって異なります。

ユーザーにとってもっともうれしいと言える対応は、定額料金内で訪問してくれるだけでなく、トラブルを起こしたプリンターを別の機器と交換してくれるといったものです。これならコストも節約できますし、修理で待たされるといったこともありません。

無料お試し期間中にチェックするべきこととは?

一部の業者は「無料お試し期間」を設けています。1週間~1か月の期間を設定して自社のサービスを無料で提供し、その後契約を行うか判断してもらうといった内容の制度です。こうした制度を実施している業者は自社のサービスに自信を持っているところが多いのでクオリティが高く、またユーザーにとっても無料でコピー機やプリンターを使えるのでいろいろと有用だと言えます。

ですが、ただ使っているだけではいけません。無料で使える間にそのサービスの本質を見極め、契約を結ぶかどうか決めるようにしましょう。

まず見るべき点は、送られてくる機器についてです。一部の業者は海外製でなおかつ知名度の低いコピー機をレンタル用に大量購入し、なるべく安く運営しようとしています。そしてそうした機器は大抵の場合壊れやすく、品質もよくないものばかりです。また、国産のものであっても、性能の低い安物である場合が少なくありません。機器が送られてきたらまずその型番をチェックし、有名メーカーのものか、品質的に信頼できるものかしっかりチェックしましょう。

そしてもうひとつ、ユーザーサポートがどれぐらい丁寧であるかも確かめなければなりません。メールや電話で機器の操作法や疑問点などについて問い合わせをおこなってみましょう。そして、回答がどのぐらいの早さで返ってくるのか、またその内容はわかりやすく詳細なものになっているかをしっかり確かめてください。

それらのポイントが一定の基準を超えている業者であれば、安心して契約を結べると言ってもよいでしょう。

コピー機を短期でレンタルする場合の料金相場

コピー機のレンタルサービスを行っている会社は非常に多く、会社によって料金はピンキリです。

一般的にコピー機レンタルはリースと比較されますが、 相場はリースよりもレンタルの方が高い傾向があります。

しかし、レンタルは解約を踏まえて自由度が高いため、レンタル期間や機種など内容次第ではリースよりもコストパフォーマンスが良くなります。 今回は短期でレンタルする場合の相場をベースに紹介していきます。

 

コピー機レンタルの料金プランや機種

コピー機レンタルはプランと機種によって料金が変わり、短期レンタルの場合は業者によって6ヶ月で○○円というように期間に合わせて料金が設定されているところもあります。

■プラン

コピー機レンタルの料金プランは「ライトプラン」と「使い放題」の2タイプを用意している業者が多いです。

ライトプランは月間のコピー枚数に制限があり、相場は6,000円~8,000円など10,000円以下が主流です。

使い放題はライトプランの1.5倍~2倍ほどの料金で、約10,000円~30,000円と機種によって料金が大きく異なります。

他には、印刷数をカウントして料金を算出するシステムを導入しているところもあり、数日だけコピー機をレンタルしたい場合などに便利なプランです。

 

■機種

コピー機レンタルの機種は、大まかな種別として「インクジェットタイプ」と「大型複合機」に大別でき、それぞれの大カテゴリーから数種類の機種を取り扱っているという業者が殆どです。

家庭でも利用するようないわゆるコピー機としては、キャノンやエプソンなど大手メーカーの製品を上記で紹介したような相場でレンタルすることができます。

コピー機と大型複合機では、機種にもよりますが多少は大型複合機の方が相場が高い傾向があります。

 

■期間による料金プラン

期間指定から料金が設定されている業者は少なく、一部の業者では6ヶ月レンタルで月額14,000円といったようなプランを用意しているところがあります。

しかし、こちらも結局は月額制となっていることが多いので、

短期レンタルするときは月々の使用頻度と月額料金をシミュレーションしていけば失敗することもありません。

期間指定の縛り系プランは、解約可能な時期が必然と決められてしまうので、この点だけはリースに近いものがあります。

6ヶ月指定で契約した場合、半年以内に解約することは可能ですが、いつ解約しても最低料金が6ヶ月分となってしまいます。

もし、数週間や1ヶ月など短期でコピー機をレンタルしたいのであれば、契約期間が指定されていないプランを選んでおく方が良いでしょう。

 

短期レンタルは月額料金を比較しよう

さて、コピー機を短期的にレンタルしたい場合、プランや機種を見ながら月額料金をしっかり比較しておきましょう。

上記で紹介したように月のコピー枚数によって最適なプランが変わってくるので、1ヶ月に1000枚や2000枚と大量にコピーすることがある場合は使い放題プランを選ぶ方がコストが安いです。

逆にコピー機を使用する機会が少ないのであれば、カウント制のプランやシンプルに料金が安いプランを選んでおく方がコスパは改善されます。 コピー機レンタルはどんな業者でどんなプランを選んでも同じというわけではないため、詳細を比較するほど上手にレンタルサービスを使いこなすことができます。

まとめ

コピー機の使い放題プランは

安い機種なら10,000円~15,000円、

高い機種になると15,000円~30,000円ほどの相場となります。

機種による違いは機能性に収束されるため、コピーサイズをベースにしながら各メーカーの機種にどんなスペックの違いがあるのかを比較しておく方が良いですね。

とにかく比較することがコスト削減に繋がります。

最新記事一覧

コピー機レンタルコラム

  1. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…
  2. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  3. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…