コピー機と複合機の違いは何?

 

オフィスで必ず1台はあるコピー機。
会議の書類を作成する際に利用し、様々な場面でこのコピー機を利用することは多いでしょう。
もはやオフィスにおいてコピー機はなくてはならない大切なものとして重宝されています。
ところでこのコピー機、実際に購入するとなると、20万円~50万円と高額なのはご存知でしょうか?
1台買うならともかく、部署ごとにこのコピー機を置くとなると相当な金額になりますね。
今はどこの企業も節約意識が高いので、この新品のコピー機を何台も置くことは厳しいでしょう。
そんな節約を必死に行っている企業におすすめなのがレンタルサービスやリースサービスです。
この2つのサービスは購入するよりも安くコピー機を借りることができ、少しでも経費を削減したい企業にとってはうれしいサービスですね。
そんなコピー機ですが、コピー機と複合機の違いは何でしょうか?

 

複合機とコピー機の違いとメリット

コピー機と複合機の違いはご存知でしょうか?
一見するとどれも同じのように思えますが、少し違います。
〇複合機とは
コピー・FAX・スキャンやプリンターの機能は全て複合され、複数の機能が1台で使えるので様々な業務を行うオフィスでは大活躍です。

〇一方のプリンターは
プリントをするための出力が専門になり、複合機のようにコピー以外の様々な機能が搭載さえているわけではありません。
プリントを中心に使用するオフィスなら、出力専門でも特に支障はでません。

〇複合機とプリンターそれぞれのメリットは何でしょうか?
◆複合機のメリット
コピー機だけではなくファックスもスキャナーなど1台で様々な機能を利用できるのが複合機です。
オフィススペースを最小限に抑えられて導入費用やランニングコスト、メンテナンスにインクカートリッジや印刷用紙などの消耗品、通信費や電気代などの削減が出来ます。

②また最近はアプリケーションと連携している複合機もあり、利便性が高まってきています。

◆プリンターのメリット
プリンターのみの機能となっており、コンパクトで導入費用が少ないというメリットがあります。
本体サイズは小さいので軽く導入費用は複合機に比べると費用がかかりません。
待機電力や消費電力は複合機と比較して少ないです。

②企業としては1台で様々な機能が使用できる複合機が選ばれていることが多いです。
1台で様々な機能を利用することが出来るので、オフィスではこの複合機を選んでいる人が多いです。
ただし、複合機はプリンターと違って金額はかさばるので、企業によってはこの複合機とコピー機を併用してコスト削減をしている企業も多いです。

 

コピー機も複合機もそれぞれのメリット

コピー機も複合機もそれぞれメリットは異なります。
しかし、このコピー機と複合機を使い分けることでコストを削減することができ、使いたいときに使いたい機能だけを利用することができます。
・コピー機と複合機だとコピー機の方が安く、複合機の方が高くなってしまうことはありますが、1台で様々な機能を利用できる複合機は多くのオフィスで選ばれています。

・複合機も最新のものは節電に特化しているものも多くなり、待機電力や消費電力も少ないものが増えてきました。
待機電力が減ればその分、電気代も安くなります。
レンタルの場合は中古品を中心にレンタルされていますが、リースの場合は最新の商品をリースできるのでお勧めです。
リースの場合は途中解約が不可で商品の乗り換えもできないので注意をしましょう。

・コピー機も複合機も今は購入するよりもリースやレンタルが主流となっています。
購入するよりお得で、借りる期間によってどちらか好きな方を選べておすすめです。


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…
  2. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…
  3. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…