コピー機の保守契約とは?相場はどれくらい?

 

今、レンタルコピー機やリースのコピー機が企業の間で幅広く利用されているのはご存知でしょうか?
どのオフィスにも1台はあるコピー機。
スキャンして資料を作成して、幅広い業務にこのコピー機は利用されています。
このコピー機ですが、買いそろえるとなると高額な金額が必要となります。
コピー機1台につきかかる金額はおよそ20万円から50万円、最新式で高機能な商品となると、50万円近くなってしまいます。
この新品のコピー機を用意することが出来ますか?
とくに起業したばかりでお金に気を遣わなければいけない時、この20万から50万円の出費は大きくありませんか?

そんな時に、今企業から利用されているのはコピー機や複合機のレンタルです。
購入するよりも金額ははるかに安く、利用枚数によって金額は異なります。
コピー機や複合機の利用はレンタルとリースがあり、レンタルは短い間だけ利用でき、返却機関も前倒しをすることはできます。
しかし、一方リースは長期間借りることができ、途中解約をすることはできません。
レンタルよりも長い期間借りることが出来るリースのほうが利用価格も安く、レンタルは中古品のレンタルが基本ですがリースは最新の好きな機器を利用できるのでリースを利用している業者が多いです。

 

このサービスを利用するにあたり、保守契約があるのはご存知でしょうか?

〇保守契約とはなにか?
複合機やコピー機を利用するにあたり、「保守契約」というものを交わします。
保守契約とは保証内容ということで、利用中はコピー機や複合機が必ず不具合が起こらないという保証は100パーセントありません。
レンタルの場合は中古品のコピー機を使用するので必ず何もトラブルは起こらないという訳ではないのです。
そのため、何かあった時に修理などのアフターサービスを行ってくれることを保守契約といいます。

〇トラブル時のための保証
多くの家電製品には必ずと言っていいほど保証というものがついており、壊れてた場合や一定期間内であれば修理をとしてくれます。
しかし、コピー機は家電製品のような保証というサービスはありません。
ですがコピー機はほかの家電製品よりもメンテナンス回数は多く修理費用も高額になってしまいます。
修理1回に対しての費用も家電製品よりも圧倒的に高くなってしまうので、この保守契約の付いている複合機やコピー機はこれらのトラブルに関して保証してくれるということになります。

例えばこの保守契約の付いていないコピー機を選ぶと全額負担になってしまう事があるので、この保守契約の付いているコピー機を選びましょう。

 

保守料金は各業者によってばらばら

保守料金というのは基本的に一律いくらということが決まっていません。
保守料金の内訳は、トナー料金に人件費、各種パーツ料金から交換代金まで様々な金額が含まれているのです。
他にもこのコピー機を利用してどれくらいの枚数を利用したのかというのも各メーカーのコピー機によって異なります。

コピー機そのもののレンタルやリース代の平均月額使用料は7,000円~10,000円が多いのですが、保守料金というのはバラバラです。
ですから、まずは複合機やコピー機をレンタルする際は、この「保守料金」が一体いくらになるのか、確認をするといいでしょう。
企業によっては例えば月に1,000枚利用した時の印刷代金から使用料まで細かく掲載されています。
また見積もり依頼をする事もできるので、詳しくは各レンタル業者へ確認をしましょう。
コピー機や複合機のレンタルは今大変人気のサービスです。
自分でコピー機を購入するよりも安くて何かトラブルがあっても業者がすぐ対応してくれます。
コピー機や複合機をレンタルする際は、この保守規約がついているものを利用するようにしましょう。


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…
  2. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  3. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…