コピー機レンタル、契約期間中のキャンセルは違約金発生?

コピー機を格安で導入したい」「どのようなコピー機が良いかわからない

…そんな場合にはコピー機のレンタルサービスを利用してみると良いでしょう。

コピー機のレンタルサービスを利用することにより気軽にコピー機をオフィスに導入することができます。

費用も安いのでコピー機を色々と試したい場合にもおすすめでしょう。
とはいえ、こうしたレンタルサービスを利用する際には気をつけておきたいこともあります。

例えば、契約期間中に契約をキャンセルする場合です。

この際に違約金などが発生することがあります。
こうしたコピー機レンタルサービスの注意点も含めて詳しく紹介します。

 

コピー機レンタルサービスを利用してみよう

コピー機レンタルサービスはメリットが多いもの。

しかし、コピー機レンタルサービスを利用する場合に気をつけておきたいのが違約金です

 

〇違約金

違約金は契約期間が短ければ発生しないこともありますが、長期契約の場合には多くの場合で違約金が課せられます

違約金の額はコピー機貸出数によって変わってくることも。
例えば、コピー機一台につき、1万円といったようにです。

他に、契約期間満了までに支払うはずだった費用の半額を請求されることもあります。

 

〇違約金はどうして存在?

こうした違約金はそもそもどうして存在するのでしょうか。

この点を疑問視する人もいるかもしれませんが、違約金は実際にはレンタルサービス会社によっては欠かせないものです。

例えば、レンタル品を貸与している多数の会社からいっせいに契約を解除された場合です。

この際、違約金がないとレンタルサービス会社も収入を得ることができずに倒産してしまうことにもなりかねません。

とはいえ、違約金は必ず発生するわけではありません

例え一年以上の長期契約であっても一ヶ月に伝えておけば違約金が発生しないこともあるのです。

このため、レンタルサービスを利用する際には営業マンと話し合って「どのくらい違約金が発生するのか」「発生条件とは」といったことについて納得しておきましょう。

もしも違約金が嫌ならば短期契約をしていくことも可能です。

とはいえ、短期契約は長期契約よりもコスト的に高くなりますので気をつけておきましょう。

中には短期契約と長期間契約の良い所を併せ持った半年程度からレンタルできる中期契約プランを設けているところもあります。

どのようなプランを選ぶかによって費用も長い目で見ればかなり変わってきますので十分にコピー機レンタルサービスを利用する前に検討して置くことが大事になってきます。

十分に納得してからレンタルサービスは利用しておくと後悔しないで済むでしょう

 

契約解除時に気をつけておきたいこととは?

契約を解除する際には他にも見ておきたいことがあります。

例えば、違約金以外にも契約キャンセル時にコストがかかることもあるのです

具体的にはコピー機に損傷がある場合には修理代を請求されることがあります。

こうした費用でもめることもありますから、規約などを確認して契約解除時にどのような費用が発生するかはチェックしておきましょう。

他に、指定されたメーカーのインクトレイ以外を使用していることがコピー機返却時に発覚することもあります

この際にはコピー機の洗浄などが必要になって費用が発生することも。
こうした危険性がありますから、基本的に指定されたインクトレイなど以外は使わないのが懸命かもしれません

 

〇契約解除をする際にも注意

このように契約解除をする際にも注意しておきたい事が多いもの。

契約解除時に余計なコストがかかってしまうことを避けるためにも契約前に費用面については事前に納得しておくと良いでしょう


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…
  2. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  3. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…