コピー機のリース期間が満了になったらどうする?

オフィスにコピー機を置きたいが、どのコピー機がいいのか迷ってる、まだ起業したばかりで資金もなくてコピー機を置くことが出来ないという人はいませんか?
確かにコピー機を購入するとなると1台数十万もするもので、決して安い買い物ではありません。
起業したばかりで費用も十分に準備が出来ない場合、この出費はかなり痛いものになってしまいます。
そんな人におすすめなのがコピー機のリースです。

 

リースの特徴

・レンタルサービスもあるのですが、レンタルは短期間で借りる人向けのサービスとなるので、長期間の利用となるとあまり適していないことがあります。

・一方リースは2年から5年と長期利用を目的としており、長期契約なのでレンタルよりも利用料金が安くなることがあります。
基本的にレンタルは中古品の利用に限ります。
業者に問い合わせをして今あるコピー機の中からレンタルする形となるので、まれに借りても壊れていて、満足に利用できず困ったという人もいるでしょう。
ですがそんな心配は無用です。

・なぜなら、リースは基本的に新品のコピー機が対象となります。
複合機業者から気に入ったコピー機を注文し、リース会社と契約を交わしたらあなたのオフィスにコピー機が搬入されます。
カートリッジの交換から使用中に不具合が生じた場合は複合機業者へ連絡をすればすぐに対応し不具合を解消してくれます。

・このリースサービスは基本的に解約不可です。
どうしても解約をしたいとなった時は、残っている残金すべて一括返金しなくてはいけません。
あと数十万も残っていると、この一括返済がとても大変ですね。
リース会社を利用するときは、この途中解約はしないようにしましょう。

・また、所有者はコピー機の利用者ではなくリース会社にあります。
要らなくなったからといって他人に転売するといった行為は規約違反で大きなトラブルへ発展するので避けましょう。

〇支払いを順調に終えたコピー機、どうすればいいのか迷う人も
2つの方法があり、
・1つは再リースするという方法です。
例えば5年契約をしていたとします。
本来であれば満期を迎えた後はリース会社へ返却しなければいけませんが、リース会社によっては1か月分の金額を支払えば1年間更新して利用が出来ることもあります。
ほとんどのリース会社は再リースの際は12分の1の金額で利用することができます。

・二つ目は買い取るという方法です。
買い取りをする前の所有者はリース会社でしたが、買い取りすることで、この所有権は買い取った側に移ります。
自社のものになったということは何年使っても今まで払っていたリース料金を支払う必要がありません。
また、この買取を許可している業者は限られています。
全てのリース業者が買取許可をしているわけではないので利用するときはまず確認をしてからにしましょう。

 

最新機種で再契約も可能

再リースをする際に新しい機種を指名すれば、契約を更新するたびにいつでも新しい機種に乗り換えることができます。
新しいものが好きで常に最先端の機器を使いたいという人にはうれしいサービスです。
もちろん5年たってコピー機を返却することはできるので、資金をためるまでの間だけリースを利用したいという人もいます。
使い方はお客様次第でいろんなことが出来ます。
月額使用料はお客様が選んだコピー機によっても変わってきますが、コピー機をかうよりもリースのほうが最新の機器をお得に使うことが出来るとして今選ばれているサービスです。

満期を迎えたコピー機で悩んでいる人はいませんか?
そんな時は「返却」「買取」「再リース」の3つの中から選んで快適な生活を楽しみましょう。


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  2. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…
  3. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…