レンタルコピー機の主な機能


ビジネスで良く行う業務として、パソコン内の書類の印刷があります。通常はプリンターを用いて行いますが、プリンター以外の機械で行えれば効率的になります。印刷をする機械はほかにもあり、それらが一つになるとスペースも効率化できます。

 

複合機としていろいろな役割で使える

オフィスにはオフィス機器を置いて作業をします。人やデスク、チェア以外にもオフィス機器の置き場所を考えないといけないので注意しないといけません。その中でも大きいのが印刷に関わる機器です。印刷のための機器には、機器本体以外に用紙をセットする部分などが必要になります。となると、いろいろな印刷機器をオフィス内に置くと、その分スペースを取る可能性があります。

そこで利用したいのがレンタルコピー機です。主な用途としては印刷に関する複合機として使えるところがあるでしょう。まずは複写機として使え、それ以外にパソコンと接続をしてプリンターとして使えます。電話回線と接続すればファクシミリとしても使えます。

メリットとしては、それぞれの機械や用紙を用意する必要がなくなり、一台に集約できるところでしょう。オフィス内のスペースを省力化できるので、その他のものを置いたり、今よりも狭いスペースなどで業務を行うことも可能になります。スキャニングできるものもあり、印刷せずにイメージをパソコン内に保存する仕組みもあります。

A3の大型の用紙の印刷にも対応してくれる

オフィスで利用する用紙にはいくつかのサイズがあります。一般的なサイズとしてA4とB5があります。契約書や注文書などの書類はこれらを使えば大抵足りるでしょう。その他A4を2枚分足したA3であったりB5を2枚足したB4と呼ばれるサイズがあります。こちらは大きな用紙になるので、オフィスの印刷機器では必ずしも対応できるわけではありません。印刷ができなければ、A4やB5などで分けて印刷をするしかないでしょう。

レンタルコピー機においては、主な機能として大型の用紙の印刷に対応してくれています。A3であったりB4での印刷ができるので、分けて印刷しようとするときにも1枚でまとめて印刷ができます。A4用紙サイズの書類を作りたいとき、表紙などをA3で作成するとまとめやすくなります。

通常の印刷機では対応が難しいですが、印刷できる機械を利用すればA4の冊子も作れます。大型の用紙は必ずしも使う頻度はそれほど多くありません。印刷できなくても何とかなりますが、印刷できると重宝します。なくてもいいが、あると助かると言えるでしょう。

モノクロだけでなくカラーにも対応してくれる

家庭用のパソコンで印刷をするとき、カラーでの出力が多いかもしれません。年賀状の印刷や写真の印刷が多いためです。ではビジネスではどうかですが、文書が中心になります。文書をはっきり表示しようとすると、白い紙に黒字が一番分かりやすいです。一般的な用紙はほとんどが白なので、それに黒のインクで印刷をするモノクロ印刷の機器が多くなっています。

レンタルコピー機を利用するとき主な機能として、インクのバリエーションがあります。まず一般的なモノクロ印刷対応があります。こちらを利用するとモノクロの印刷のみになります。一方カラー対応タイプならモノクロとカラー両方の印刷が可能になります。

一般的な文書だとモノクロでも問題ありませんが、プレゼン資料であったり、客先にダイレクトメールなどを送るときに資料を印刷するときがあります。この時はカラーの方が見た目が良くなり、訴求力も高くなるでしょう。カラー機能は必ず必要なわけではありませんが、あるとビジネスの幅を広げられます。広告印刷が多いならカラーは必須と言えます。

 

まずは複写をすることができます。資料を複数作成するときに便利です。その他電話回線と接続してファクシミリの情報を印刷できます。パソコンと接続すればプリンターとしても使えます。大型の用紙への対応や、カラー印刷の対応も可能です。


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  2. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…
  3. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…