コピー機の寿命は平均でどれくらい?

コピー機はいつまでも使えるものではありません。
コピー機にも寿命があり、いつかは取り替える必要性があります。
一体どのくらい使用するとコピー機も取り替えないといけないのでしょうか。
ここではそんなポイントについて紹介しましょう。

 

コピー機の寿命について知る

コピー機の寿命についてはあまり知られていないこともありますが、コピー機の寿命は平均して5年間です。
これは新しい機種であってもそこまで変わることはありません。
とはいえ、これはあくまで平均でありあまり使用されていないコピー機の場合にはこれよりも寿命も長くなります。
逆に使用が激しいコピー機だと3年程度でダメに成ってしまうこともあるので気をつけましょう。

 

〇年数で図る以外の尺度
年数で図る以外の尺度もあります。
例えば、「300万枚コピーしたらコピー機を変えてみるのも一つの手です。
コピー機によってはコピー総数を簡単に調べることができるものもあるのでチェックしておくと良いでしょう。

 

〇コピーするたびに異音
他に、コピーするたびに異音がするといったような場合も替えどきです。
この場合には内部のモーターがダメになっているのかもしれません
コピーをしてもうまくコピーできなくなったというような際にも買い替えを検討してみると良いでしょう。

 

〇耐用年数は説明書に記載
コピー機の耐用年数は説明書に記載されていることもあります。
このため、コピー機の寿命が気になったら説明書を見てチェックしてみるのもおすすめです。
このようにコピー機の寿命を図る尺度はいろいろとあります。
いずれにしてもコピー機にも寿命があることを知って適切に切り替えていくことが大事です。
コピー機の耐用年数を過ぎたのに使い続けていくと後述するようなトラブルが生じることもあります。

 

そもそもなぜコピー機は劣化する?

そもそもコピー機はどうしてダメになるのでしょうか。
これはいろいろな理由がありますが、コピーし過ぎると内部モーターの調子が悪くなるというのがその理由の一つです。
他にも、印刷機能がダメになってくることもあります。
どこからガタが生じてくるかは様々ですが、一箇所ガタが生じると他の箇所の引き続いてダメになりやすいもの。
こうしたこともありどこかダメな部分が生じたら変えどきと思って対応しておくと良いでしょう。
このようにコピー機が急に使えなくなると仕事にも大いに影響を与えるものでもあります。
コピー機が使えないと資料もコピーできずに困ってしまうもの。
こうならないためにも余裕のあるときにコピー機は新しいものにしておくことが大事です。

 

〇コピー機の処分
また、コピー機はかなり大きいですから、もしもコピー機がダメになった場合にはその処分にも困るものです。
こうした際にはメーカーに電話してみるのも良いでしょう。
メーカーに寄って引き取りに来てくれるところもあります
また、耐用年数以内であればコピー機の調子が悪くなった際には無償で修理してくれることもあります

 

コピー機の寿命が過ぎたのに使い続けているとどうなる?

寿命が過ぎたコピー機をいつまでも使っているのは危険でもあります。
例えば、寿命が過ぎたコピー機を使い続けているとしっかりとコピーできずに困ることがあります。
大事な資料なのに印刷が不鮮明であったり、文字などが抜けていると思わぬトラブルに成ることもあるでしょう。
寿命を過ぎたのにコピー機を使い続けているとハンドルが取れてしまったりすることもあります。
他に、古いコピー機は電気代を食いやすいものでもあります
これもコピー機を適切に切り替えていくべき理由の一つです。
このようにコピー機の寿命は意識しておくことが大事です。
思わぬトラブルが生じる前に古いコピー機は取り替えておくのが大事でしょう

 

 


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…
  2. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  3. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…