コピー機はリースと購入どちらがいい?

コピー機はリースと購入どちらがいい?

 

どのオフィスにも1台はあるコピー機。
スキャンをして資料を作ったり、気になるものを印刷したりいろんな場面でコピー機は活躍します。
しかし、このコピー機、1台あたりいくらかご存知でしょうか?
購入を希望している人ならパンフレットを確認している人はご存知かと思いますが、1台数十万円もします。
大手になるとのコピー機は1台では足りないため、何台か用意しなくてはいけません。
数十万円もするコピー機、用意できますか?
コピー機を購入する方法もありますが今リースサービスを利用する人が増えているのはご存知でしょうか?

 

リースと購入それぞれのメリットとは

コピー機を購入かリースか悩んでいるという人もいるでしょう。
ではそれぞれのメリットについてみてみましょう。

〇今話題のリースについて
・リースで取り扱う機器は基本的に新品になります。
・複合機業者の中からお気に入りの機器を見つけ、複合機業者へ依頼をします。
・リース会社とお客様のあいだで契約を交わし、その後金額を支払った後お客様のところへ最新のコピー機が納品されます。

新品のコピー機なので故障することは少ないのですが、カートリッジの交換やローラーが汚くなってしまった際は複合機業者へ連絡をすれば、きちんと対応をしてくれます。
基本的にこのリースサービスは、5年契約といった形をとっている業者が多く、万が一満期になったとしても「買取」「再リース」「返却」の3つの方法から選ぶことが可能です。

〇一方購入は
・最新の機器から中古品まで好きな商品を選んで購入することが出来ます。
・リースだと所有者がリース会社になってしまいますが、購入の場合、所有権は購入者になるので、気に入らなくてそのコピー機を売りたい場合も所有者の自由にすることができます。
中古品となると金額も20万円前後になりますが、最新の機器よりも手軽に購入することができます。
メンテナンスも購入先で依頼をすることができるので、購入しても快適にコピー機を利用することはできます。

 

ではデメリットは何でしょうか?

まずリースはどんなにそのコピー機が気に入らなくても、契約期間中は原則として解約をする事はできません。
残り支払い分を一括で支払う必要もあり、コピー機も没収されるなどのペナルティがあります。
購入の場合は初期費用を支払う必要があるので、起業したばかりで少しでも費用を抑えたいという人にこの出費は厳しいものになります。

 

自分に合った購入方法を選びましょう

コピー機はオフィスになくてはならない大切な機器です。
特に事務系の仕事にこのコピー機がないと仕事ができません。
その際、購入するかリースするか自分が良いと思う方法で入手しましょう。

リースも満期になると購入することは可能です。
最初はリースで利用して満期で買取をするという人はたくさんいます。
もちろん再リースする場合も古いものではなく新しいものを借りることが出来るため、常に新しいものを利用したいという人にはリースがいいでしょう。

最初から所有権は自分が持っていたい、中古から新品まで好きなものを選びたいという人は断然購入がおすすめです。
リサイクルショップでも壊れていないかきちんと確認されたものを販売しているので安心して購入することはできます。
ただしネットから購入する場合は、信頼できる販売元から購入をしないと後々何かあった時にトラブルになってしまう事は多いです。
ですから、きちんと確認をしてから購入をするようにしましょう。

これから起業する人、今あるコピー機が古くて買い替えるかリースにするか迷っている人もいるでしょう。
購入かリース、どちらが自分にとって最適かしっかり考えてから決めましょう。


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…
  2. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  3. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…