コピー機を一度に大量導入するメリット・デメリット

コピー機を一度に大量導入するメリット・デメリット

レンタルコピー機は各種のメリットがあります。

例えば、導入コストが安く済むといったようなメリットです。

このため、コピー機をレンタル品にすべて切り替えるということもあるでしょう。

他に、オフィスの規模が大きい場合にはコピー機も大量にレンタルすることが必要となってきます。

このようにコピー機を大量導入する際に意識しておきたいのがそのメリット・デメリットです。

一体、大量導入することでどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

 

 

大量導入するとどうなる?

 

〇メリット

コピー機を大量導入した際のメリットから紹介しましょう。

まず、コピー機を大量導入する場合の最大の利点はコストです。

コピー機を大量導入すれば割引サービスが受けられるということもありますし、格安プランが選択できるようになることもあります。

このため、安く抑えたいならば大量導入するようにしてみるのもありかもしれません

 

他に一度に大量導入してコピー機を統一すれば余計なトラブルも少なくなります

コピー機も違う機種がいくつもあるとインクトレイの互換性の問題が出たり、印刷結果の違いが出たりして、ビジネスに影響を与えてしまうことがあります。

一方、大量導入してコピー機を統一すればこんなことも起こらなくなってくるのです。

このようにコピー機を大量導入するのはおすすめできる点も多いものです。

 

〇デメリット

しかし、コピー機を大量導入することはリスクも少なからずあります。
例えば、互換性の問題です。

せっかくコピー機を導入しても会社ですでに導入しているPCやシステムと互換性がなかった場合には全く無駄になります

 

導入したコピー機の性能が芳しいなんてこともあるでしょう

スペック的には良さそうに思えても実際に使えるかどうかはまた別の話です。

実際にコピー機を使ってみて「コピー速度が意外と遅い」といったように問題が発生することも出てきます

コピー機の機能もあまり多くなくていろいろなコピーができないことも出てくるのです。

一度に大量導入してしまうとこうした難点もあることは理解しておきたいところ。

 

 

大量導入することで思わぬデメリットも発生してくる

上記のようにメリット・デメリットが有りますが、大量導入するデメリットは実は他にもあります。

 

例えば、一度に大量導入することで初期費用がかさむこともあります

長期的に見れば大量導入すれば割引サービスなどが受けられたりお得なプランを選択できてお得かもしれませんが、事務手数料などの初期コストは逆にかなりかかることがあるのです。

このような点も大量導入する際には意識しておかないといけません。

 

大量導入することで必要以上にコピー機を導入してしまうこともあります。
コピー機を導入してもあまり用いられずにスペースばかり食うなんてこともあります

こういったことにならないようにするためにもまずは少量ずつ導入して本当に必要そうならばコピー機を増やしていくというのが安全かもしれません。

その反面、これだと場合によってはコストがかかりやすいことはポイントです。

 

 

もしも大量導入するのが怖い場合にはお試しプランでまずはためしてみると良いでしょう

お試しプランを利用することでリスクを低くしながらコピー機の導入ができてしまいます。

お試しプランでコピー機の性能や互換性などをしっかりとチェックして安心したら正式に大量導入するのもありです。

 

特に事業立ち上げ時や設備の更新時にコピー機を大量導入してみると良いでしょう。

この際にはデメリットを意識してしっかり対策しておくことも大事です。

 

この辺りも担当者としっかり話し合って誤解の内容にしておきましょう。

 


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  2. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…
  3. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…