コピー機をレンタルするまでの手順


レンタルコピー機を導入するケースでは、複数のプロセスが必要不可欠です。 納品迄には、専門業者やコースそれから、モデルや納期など色々なことを選考し、契約書を交わす必要があります。 その為に、納品までの手順について理解することが重要になります。

 

必要性の有無と契約方法を検討することが重要です

第一に、機械導入の必要性の有る無しに関してしっかりと検討しましょう。 中小零細企業でも80パーセント以上が導入済ですから、事業において大切な役割を果たすものになりますし、導入することが至極当然とみられる傾向もあります。しかし、ネットを介してのFAXやEメールでの対応など、利用しなくてもできる通信メソッドも登場しています。

さらに、導入するケースでは、1ヶ月のコピー枚数はどの程度になるか、どれくらいの印刷スピードが必要か、求められるのはどういった機能か、採用する場合のポジショニングの場所はどこにするかといったことを考慮に入れることが、トラブルを起こさないためのポイントです。 それから、導入することが確定したら、契約の締結方法について考えましょう。 使い道や期間、印刷枚数などによってどういった契約の締結方法が有益なのかが異なります。

業者選定と機種及びプラン選考のポイント

契約の締結方法が決まったら、専門業者の取捨選択になります。専門業者には、対応出来る地域が確定されていますので、専門業者ごとの対応出来るエリアの中から選択しましょう。 対応地域に入っているケースであっても、専門業者の拠点から距離があると、修理並びにメンテナンスをお願いした際に作業者が着くまでに時間が生じてしまうかも知れません。

専門業者を1つに絞る際に、とりわけ事務所と専門業者との距離が離れているケースでは、修理を委託をした際に何分くらいですぐに向かってもらえるかチェックしておくと賢明でしょう。 それに加えて、専門業者が決まったら、機種並びにプランを選考します。 レンタル向けの場合、借りることができる機種が専門業者のもっているストック品のタイプに制限されます。

機種あるいはプランに対して納得がいかない場合は、ふたたび一つ逆戻りして専門業者選定から再度始める必要があります。 さらに、プランに関しても、レンタルにつきましてはそれほど細部にわたって分かれているわけではありません。 他のプランなどと見比べて、保証内容について突き合わせてみましょう。月額が安い費用でも、1枚あたりのプリンター料金が高値だったり、修理やメンテナンスの範囲が狭かったりするケースがありますので、気をつける必要があります。

納期の決定と契約書の作成について

機種並びにプランが決まったら、納期を決めましょう。最も早くて契約の締結の数日後には納品ができるという手軽さがあります。 導入することを急がれているときには、こうした必要な作業を手早く終わらせて、1日でも速く納品して貰えるようにしましょう。

それから契約の中身が決定したら、中身そのものに間違いがないように、契約書に対して記します。リース契約と違い、相対的に容易に契約キャンセルできますが、導入する設置費など初期に関する費用としてかかるコストもありますので、中身をみて慎重に進めましょう。

契約の取り交わしにあたって、法人に関しましては登記簿謄本並びに印鑑証明や契約者の身分証明書が求められることが基本です。その他、毎月の料金を銀行口座サイドから引き落としたいケースでは、銀行印並びに口座引き落としの申込書記入、提出も欠かすことはできません。

 

導入には、専門業者や機種そして、プランや納期など多種多様な中身を検討していくことが大切となります。導入時に失敗しないため、同条件で複数の業者やプランを対比することです。その為に、使用目的や活用頻度について、前もって想定しておくことが大切です。


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  2. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…
  3. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…