プリンターレンタルの初期費用について

プリンターレンタルの初期費用について

プリンターをレンタルする場合、基本的に初期費用は掛かりません。
しかし、業者によってはプラン次第で登録費用が発生することもあるので、一応は見積もりを出してもらう際に初期費用の有無について確認しておく方が良いです。

 

そもそも初期費用とは?

会社にプリンターを導入する際の初期費用というのは、プリンターを導入する初期段階に発生する料金です。
レンタルにおいては、初期費用が掛からない業者が殆どであり、搬入や設置を含めて初期費用は無料となっています。
ちなみにリース契約の場合も同様に初期費用が掛からないことが特徴ですが、レンタルとリース契約では途中解約の可否など細かいところに違いがあるので、この2つは異なるサービスとして認識しておきましょう。

また、通常購入の場合は商品の購入代金が初期費用となるので、会社設立直後のように資金調達が困難な状況では初期費用が掛からないレンタルが便利となります。
この場合もリース契約が1つの選択肢となりますが、リース契約は審査が実施されることからも会社を設立した直後は利用しづらいこともあるため、もし審査が不安なら収益が安定するまでレンタルで凌ぐことも検討しておきましょう。

 

レンタルで初期費用が掛かるケースとは?

レンタルでも初期費用が発生してしまうケースがあります。
レンタルには割安プランを用意している業者がありますが、そうしたプランでは登録費用として10,000円ほどの費用を取っているところがあります。
割安プランは使い放題のようにスタンダードなプランより月額料金がお得なことがメリットですが、印刷枚数の月間上限が決まっているなど、初期費用の発生を含めてデメリットもあることを覚えておきましょう。

コピー機レンタルは月額料金を抑えることができるほどコスパが向上しますが、安易に料金だけを重視しても利用期間や月間印刷枚数によっては使い放題の方がコスパが良いケースがあります。
この登録費用というのは契約するタイミングで知ることも良くあるので、契約時は必ず内容をしっかりと確認しておくようにしましょう。
もし、初期費用が発生するのであれば、コピー機をレンタルしたい期間に初期費用をプラスして総額を算出してしまい、総額を利用期間で月割りするとお得さを判断しやすいです。

このようにして月額料金を算出しておけば、使い放題のように初期費用が掛からないプランと比較してどちらの方が魅力的なのかの答えを知ることができます。
コピー機レンタルは業者によるプラン内容の違いが色々とありますが、サービスの仕組みや料金は非常にシンプルです。

 

コピー機レンタルの初期費用の確認項目

さて、コピー機レンタルの初期費用は搬入設置や登録などに費用が掛かるかどうかがポイントです。
そのほか、インク代については月額料金に含まれているのが主流であり、用紙代については部数指定で配布があるかどうかが業者によって異なります。

完全に初期費用をゼロ円に抑えたいなら、

「搬入設置・無料」

「登録無料」

「インク代・無料」

「用紙(枚数指定)・無料」

が理想ですね。
導入後については、メンテナンスなどのトラブルに対して無料対応しているところが多いですが、一応は保守についても内容を確認しておくようにしましょう。

まとめ

一般的にコピー機レンタルはリース契約と同じように初期費用が掛からないことが特徴とされていますが、業者やプランによっては搬入設置や登録などにおいて一定の初期費用が発生してしまうケースがあることを覚えておきましょう。

後から後悔することを避けるためには、利用先やプランなどを選ぶ際にしっかりと初期費用の有無や総額など料金形態を見ておくことが大切です。


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…
  2. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…
  3. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…