コピー機のカウンター料金とは?相場はどれくらい?

 

あなたのオフィスにコピー機はありますか?
もはや仕事をする上ではなくてはならない存在になっているこのコピー機。
ご家庭にあるようなコピー機とは異なり、大型でコピーをするスピードも家庭用より圧倒的に早く、ホチキスを使用すれば大事な会議の資料もどんどん作り上げることができますね。
このコピー機ですが会社で新品を購入するとなると50万円ほどすることがあり、なかなか手を出すことが出来ないという人もいるのではないでしょうか?
どの企業もこの不景気で、経費を節約することでいっぱいいっぱいだという人もいるでしょう。
そのため今は新品のコピー機を買うのではなく、リースやレンタルを利用する企業が増えています。
このリースやレンタルサービスを利用することで、経費を削減することができ、好きな期間契約できて金額を抑えることが出来るので今人気のサービスです。
そんな便利なコピー機のサービスですが、カウンター料金というのを聞いたことはありますか?

 

コピー機のカウンター料金とは?

コピー機のカウンター料金という言葉を聞いたことはありますか?

〇カウンター料金とは
コピー機を利用する際の課金料金の一つです。
コピーの内部にカウンター機能はついており、このカウント数に応じて金額を支払います。
お店にいくと白黒コピーやカラーコピーなどそれぞれ金額が設定されていますが、このカウンター料金には修理メンテナンス費用とトナーの使用料金が含まれています。

〇この複合機のカウンター料金は枚数によって異なる
例えば月の印刷枚数が1,000枚の場合、カラー代金は平均20円、白黒は3円が相場です。
1,000枚から3,000枚の場合、カラー印刷は18円、白黒は2円になります。
3,000枚から6,000枚はカラー16円、白黒は1.5円など印刷枚数が上がれば上がるほど、印刷にかかるカウンター料金は安くなっていきます。
月間リース相場は、印刷の枚数が上がれば上がるほど高くなり、1,000枚なら月間リース代は平均6,000円・本体価格は30万円になります。
1,000枚から3,000枚になると月間リース代金は平均10,000円前後で本体価格は平均60万円になります。
では、1枚も印刷をしなければ料金は全くかからないのでしょうか?
実はそういうわけではなく、全く使わなかったとしても基本料金は1,000円~3,000円ほどかかってしまいます。

〇最低料金が設定されている理由として
複合機メーカーはこのカウンター料金が収入源になります。
最低料金を設定しなかった場合、収益はほとんどなくなってしまい、会社として経営が成り立たなくなります。
それを防ぐためにも最低の料金を設定し、まったく利用しなかったとしても料金が入るよう設定されています。
この最低基本料金が高いと感じた場合、交渉次第で1,000円から2,000円に金額を抑えることができます。
またこの白黒印刷やカラー印刷の料金は各業者によって金額は異なります。
利用する場合は、この最低基本料金と印刷料金が安い所を利用するようにしましょう。

 

リース会社によっても金額はバラバラ

コピー機を利用する際、その会社によっても印刷枚数に対しての金額にはばらつきがあります。
1枚30円で印刷可能なところもあれば10円で印刷が可能などバラバラです。
もし仕事の関係で大量にコピーをしなくてはいけなくなったとき、このカウンター料金に注目をするようにしましょう。
あなたが今使っているコピー機はもしかしたらこのカウンター料金が高いかもしれません。
毎日使うものだからこそ、少しでも節約して経費を大切にしたいですね。
その際はまずはカウンター料金を確認すること、そして次に最低基本料金を確認しましょう。

交渉次第ではこの最低基本金額を節約することもできるので交渉するのもいいでしょう。


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…
  2. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…
  3. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…