コピー機のリース契約には審査が必要?審査の基準とは

コピー機のリース契約には審査が必要?審査の基準とは

 

今コピー機を購入するよりもレンタルやリースを希望する企業が増えていることはご存知でしょうか?
コピー機はもはや事務作業を行う企業においては必要な事務器具で、家庭用プリンターよりも素早く何枚も印刷をする事もでき、ファックス機能がついている複合機なら印刷だけではなく様々な場面で大活躍するアイテムです。
そんな今大人気のリースですが、実は誰でも借りられるという訳ではありません。
リースをする上では審査というものが必要になります。

 

ではその審査とは一体何でしょうか?

一般的にリースを利用した際の支払期間はおよそ5年になります。
もちろん5年だけではなく、それ以上リースして3年間だけなど短い期間利用することも可能です。
では平均的な5年で見てみましょう。

①カード会社によって金利は前後しますが、5年リースした場合は60回の支払いで金利は平均2パーセント前後になります。
まず、可否の基準として事業を起こして3年が経過し、その間に会社や代表取締役に返済の滞りがないことを確認します。
これに該当すると高確率で借りることができます。
逆に言えば返済が滞っており場合は当然ながら祖払い能力がないと考えられてしまうため、利用することが出来なくなってしまいます。

②次に年齢です。
リース満期の際に70歳を超えている場合は連帯保証人がいなければ厳しくなってしまいます。
逆に20代でも若すぎるので本当に支払い能力があるのか分からないため、あまり借りることができない場合があります。
その際は開業届や青色申告が必要になってくる可能性が高くなります。

会社を設立して3か月と短い期間に少額でも滞納をしていればリースを利用する面で致命的です。
ローン額が大きくてもきちんと滞りなく返済が出来ていれば問題はありません。
また個人宅に固定電話がないと致命的になりますが、落ち家は資産になるので借りるときに若干ですが有利になることがありますが、こちらは会社によっても異なります。

借りる際の職種も大切です。
とくに司法関係や国家関係者、不動産鑑定士はコピー機をリースする上では有利になります。
申込時に不正をしたもしくは不正した代理店からの契約はコピー機のリースを断られます。

 

意外にも細かな部分を審査しています

やはりリース会社としても支払い能力がきちんとあり、信頼できる職業の人を積極的に選ぶ傾向はあります。
ある一定期間の返済の滞りが発覚した、満了になった時は70歳を超えており経済的観点から本当にきちんと滞りなく支払いをしてくれるのか分からない、若すぎても本当に支払いができるのか不安だという場合は審査が通りにくくなってしまいます。
その際は第三者が連帯保証人として書かなければいけなくなります。
また、お客様には何の落ち度もないのに、依頼したその代理店が依然に不正を働いていることが発覚してしまった場合は、リース会社からコピー機を借りることが出来ません。

以前にこの会社が不正をしたかどうかを調べるには、インターネットの口コミも参考になります。
インターネットでは代理店だけではなくリース会社に関しての情報も掲載されているので参考にするといいでしょう。
コピー機のリースは今後も需要が高くなると思われます。
少しでも借りるときに有利になるように、日ごろからこれらの事を注視してみるのもいいかもしれません。


関連記事


コピー機レンタル業者ランキング!


おすすめ記事

コピー機レンタルコラム

  1. コピー機レンタルの注意点はある?

    コラム

    コピー機レンタルの注意点はある?
    コピー機のレンタルは、「プランを熟考する!」…
  2. レンタルしたプリンターは使い放題?

    コラム

    レンタルしたプリンターは使い放題?
    「レンタルしたプリンターは使い放題なのかな・・・?」…
  3. コピー機のレンタル料金の勘定科目について

    コラム

    コピー機のレンタル料金の勘定科目について
    初めてコピー機をレンタルした場合、このサービスを会計処理する…